ココボロだとか好きだとか

大学生による趣味の開拓と備忘録

The Meeting Place / やくしまるえつこ&永井聖一 和訳

今回はやくしまるえつこ&永井聖一のThe Meeting Placeの和訳です。

この曲は湊かなえの『告白』を原作とした映画の挿入歌でした。

やくしまるえつこと永井聖一は相対性理論という4ピースのバンドメンバーですね。相対性理論(理論)の話をすると真部脩一ファンやまるえつファンが入り乱れ言い合いとなるのだが、まあどちらも好きかな。相対性理論はもちろん、まるえつソロも大好きだし、真部脩一がプロデュースしていた頃のハナエも後のハナエも大好きです。

 

まあ長くなりますのでこんなところで、以下和訳です。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

あの場所に隠れている

あの、光が消え去る場所に

もう一度微笑んで

ここで、日が沈むのを眺めている

 

ゲームをしているの

彼女は決して勝てないけれど

'だって時間が経つのが早いから

名前を呼んでいる

彼は間違いを犯したの

これが物語のあらすじ

 

独り踊っているの

ここは海がキラキラと光輝いているから

虚しい愛、そんなこと彼は知っているのに

彼はきっとここにいるのでしょう

約束の場所

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

この歌詞、動詞がほとんど現在進行形を取っていて更に、主語がほとんどありません。

Hiding the placeみたいな感じ。誰がとも言わないのがとっても日本語チックで英語の歌だと思うとなんだか気持ち悪い。その上進行形の動詞ばっか出てくるから、なんだか想像の中では匿名の知らない人の行動がどんどん告げられ、徐々に解像度が上がっていくような感じ。『告白』という作品は見ても呼んでもいないけれど、クラスの中から犯人探しする話なんだっけ?そう思うと結構それっぽい歌詞なのかな。

 

あんまりしっとりした曲は得意じゃないけれど、この曲は好きです。以上。

有名人の過去批判について

小山田圭吾について。

これも触れるべきか迷った。けれどオザケンも取り上げたし、小山田に触れてもいいだろう。フリッパーズ二人とも7月に炎上とは、笑えるね。

 

かつて無責任な若者の代表と言われた彼ら二人が同時期に世論の批判をまたも浴びるとは。どうでもいいし、私はむしろ彼らの味方だけれど。

 

そもそも小山田のいじめの話題は今に始まったことじゃない。25年ほど前、小山田がかていじめをしていたことを悪びれもせずに雑誌インタビューに語った。

それからというものNHKの「デザインあ」やフジの「ウゴウゴルーガ」など出演のたびに批判があったのだろうか。詳しくは知らない。

 

こういった時の世論があまりにも気に食わない。元プロ野球選手の清原氏チャゲアスASKA電気グルーブピエール瀧、マッキー、挙げればきりがないが非常に不愉快だった。世論の反応が。別にクスリ使ってたからって過去の作品まで批判する必要はないだろう。まあでもクスリは他人を傷つけていない(?)分いじめとは違うけれど。

薬ですらあんな大バッシング。気が狂いそうね。

 

あとは不倫報道も同じ。ミスチルの桜井はもう昔だから忘れられてそうだけど、どうだろうか。あとは川谷絵音オザケンとかも。こちらは被害者がいるけれど、他人がどうこう言ったて仕方ないでしょう。ってか桜井は忘れられているのにいまだに川谷が文句言われてるの不憫でならない。

 

思えば絵音のころから嫌だったんだ。ゲスが流行って飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに絵音の不倫で台無し。別に絵音が悪くなかったなんて言ってないよ。彼は悪い奴だった。けれどいい音楽を作るんだよ。それだけで十分じゃないか。彼はミュージシャンなんだから。

 

 

と言いつつも、小山田圭吾は擁護できない。いじめは被害者が明らかに存在し、加害者が悪い。それは間違いがない事実だ。その点擁護する気なんてない。

だが私の時代ですら、小学生のころは障がい者差別はあったよ。いじめまではいかなかったかもしれないが、今思い出して快いものではない。ましてや70、80年代の小中学生だろう。そのころの世論がどうだったかは知らないけれど。

 

彼が批判される要因の一つに成人したの後に受けたインタビューで悪びれもなくいじめを語った点があげられるだろう。それも間違いなく悪手だったね。その時代ですら批判はあっただろうに。

 

つまり言いたいのはこうだ。

遡及適用なのではないか。その批判は。

もちろん、かつては「"いじめ"が合法だった」なんて言うつもりは"無い"

ただ、パワハラ体罰云々が流行っていた時代に構造的暴力を行った人物を現在の価値感覚で批判するなんて言うことが罷り通る世の中で良いのかと問うているのだ。

 

 

ああ、感情のまま書くのはよくないね。

 

 

私はミュージシャンにも芸術家にもスポーツ選手にも映画監督にも教師にも、聖人性を求めていない。てか普通そうじゃないのか。私が間違っているのか。

確かに、芸術作品に、スポーツ中に、映画の中にましてや授業の中に、過ちがあってはいけないだろう。だが彼らの日常生活にまで求めるのは間違っている。

 

かつての犯罪者が街を闊歩することを許せないような人間が一般市民に紛れているのだろうが、私は全く共感できない。過去で人間を判断するのは結構。だがしかし、過去の過ちがその人間の未来まで奪ってなるものか。

まったくもってくだらない。

 

贖罪

 

罪を償っていない、反省していない態度が気に食わない。誠に結構である。彼らは二度と人前で笑うことすら許されないのだろうか。それとも、頭を丸めてインタビューでもすればいいのか、障がい者支援を行う慈善団体に寄付でも行えばよかったのか。多分違う。

 

私が気に食わないのは、はなから彼の一人負け戦と分かっている状態で誰もかれもが批判を行っている点だ。構造的暴力。まあかつての彼もそれを行っていたからこそ、今批判されているのだけれど。

では、暴力を奮ったから暴力を奮われて当然なのだろうか。そうは思えない。

 

 

そろそろ言いたいことは尽きてきた。最後に有名人が批判されるたびに使っている文句を教えよう。

 

私の好きな小説家は太宰治だが、彼もクズだった。小山田もオザケンも絵音、ピエール瀧も悪い奴だったらしい。どうでもいいけど。

とにかく、太宰の著書「如是我聞」(タイトルは「私はそう聞いた」の意、仏教語由来)にこんな一節がある。

 

(まったくそうだよ。太宰、大いにやれ。あの教授たちは、どだい生意気だよ。まだ手ぬるいくらいだ。おれもかねがね、しゃくにさわっていたのだ。)

背後でそんな声がする。私は、くるりと振向いてその男に答える。
「なにを言ってやがる。おまえよりは、それは、何としたって、あの先生たちは、すぐれているよ。おまえたちは、どだい『できない』じゃないか。『できない』やつは、これは論外。でも、のぞみとあらば、来月あたり、君たちに向って何か言ってあげてもかまわないが、君たちは、キタナクテね。なにせ、まったくの無学なんだから、『文学』でない部分に於いてひとつ撃つ。例えば、剣道の試合のとき、撃つところは、お面、お胴、お小手、ときまっている筈なのに、おまえたちは、試合プレイも生活も一緒くたにして、道具はずれの二の腕や向うずねを、力一杯にひっぱたく。それで勝ったと思っているのだから、キタナクテね。」

 

 

『如是我聞』太宰治 

https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1084_15078.html

 

このエッセイ?はぜひ読んでほしい。引用した一節は太宰が嫌いな文豪(志賀直哉)をこき下ろしている最中に突然出てくるのが、読者に対する批判だ。

私なりの解釈では、「モノを売る仕事をしている奴の"モノ"以外を取り上げて批判するのは間違っている」ということだ。

ミュージシャンなら音楽を、小説家なら小説を、スポーツ選手ならスポーツを批判する分には構わないが、日常生活まで取り上げるのは間違っているだろう。

 

といっても、太宰は私生活の乱れなどを理由に文学賞をもらえなくて駄々をこねてただけなんだけれど。

 

まあこんなとこでいいか。

 

つまり、小山田を批判している奴らはビートルズを聞く度にジョンレノンの妻子への非行を、ミスチルがかかるたびに桜井の不倫でも思い出してくれ。

 

私には自らを棚に上げて有名人の過去を拠り所に現在を批判し、未来までを否定する気にはなれないのだ。

回想

なにか書きたくなった。

 

久しぶりの体調不良で、早く寝ようと思ったのに寝付けないでいる。

かなわない恋をしていたときに溜まった感情を吐き出すために綴ったメモを読みながら、自分が残すことのできる言葉について考を巡らせた。

最後に振られたときに言った言葉が、いつまでも自分の中で反芻される。

"いつか別の言葉がもらえるようにがんばりますね"

ああきっと、これ以上私らしい言葉は生まれないだろう。この一言のためにあまりにも長い間私は努力せしめられ、前を向かなければならなかった。

 

数カ月ぶりにあなたに出会ったとき、何も声を出せなかった。長かったはずの髪をショートに揃えたあなたがあまりにきれいだったこと。そしてその現実が、私の知らぬあなたの好い人の為であると瞬時に理解できたから。ただのひと目ですら私の心を傷つけるのに十分だった。

どれほど憧れた人であろうと、もう見ることは叶わなかった。

途端惨めになった私はできる限りあなたから離れられる仕事に就き、無難に時間を経るために努力を尽くした。心が傷を負いきる前に、なんとか気をそらす必要があった。

 

もうあまり覚えていない。正直覚えていたい記憶で無いからかもしれない。でも偶に不幸せな記憶の方が却って自分を慰めてくれることがあるからいつも記憶が古くなっては磨き直し、その色を味わい続けている。

 

そろそろ饒舌に文字を綴ることができなくなってきた。

人生の岐路に立つ今、自分の中で優先順位を付けなければいけなくなっている。

私が学問を選んだ理由は、思い返せば不順なものだった。あなたに好かれるため。

私は一番になりたかったのだ。あなたにとって。それが叶わないから、学問を選んだ。努力をして自分自身を変えてしまえば、いつかあなたに好かれ得ると思ったから。

本当はあなたに伝わることすらありえないのに。

それでも私の目標は一番だったから、今優先順位の一番は、一番の大学院へ行くこと。ガワだけを見て目指すなんて学問に対する不正だけれど、それが私の唯一の精神安定剤なのだから仕方がない。

 

ヴァニラの香りをした紅茶の味が蘇る。一番惨めだったとき。

何も食べられずに弱っている体に無理やり流し込んで、涙を流すことに決めた。あなたに渡した紅茶は淹れてくれたのだらうか。

所詮全て私のエゴだとでも言うのならばいっそ、何でも好きにやってしまいたくなる。かなわない夢よまた明日。

届かなくともいつまでも希うつもりでいるから。

I want you back (Jackson5 ) 和訳

最近和訳ばかりですが、今回はJACKSON FIVEのI want you backの和訳です。

特段好きな曲だったわけではありませんが、最近NOKKOのカバーを聞いたらなんかはまってしまってずっと聞いています。もう50年も前の曲なんですね。

ちなみに邦題は『帰ってほしいの』らしいんですがなんか違和感。「戻ってきて」とか「やりなおそう」とかの方が自然じゃない?じゃない?

 

原文は載せませんのでリンク先で確認してね。

www.utamap.com

 

 

以下和訳

 

 

 

君と付き合っていたころ

僕は君のそばに居やしなかった

そのかわいい顔は人混みのなか、いつでも目立ってしまっていたね

だから、誰かが一目惚れでみんなの中から君を連れ去ってしまって

もう遅すぎるよね

二目の僕には

 

ああ、どれだけ君を愛しているか証明するチャンスを、

僕にもう一回頂戴よ

君の心を取り戻させてくれないかい?

ああ僕は盲目だった。愛する君をどこかへ行かせてしまうなんて

けれど今ははっきり見えるんだ。彼に抱かれている君がね。

 

君の愛なしに眠ろうとしても

長い夜の間ずっと寝付けないんだ

君を一目見たいよ

僕が悪かったって認めるからさ

君が歩いた道を歩く度に

僕の涙が地面を黒く染め上げるのさ

周りの女の子たちなんて目じゃないんだ

君に伝えたいの

僕に必要なのはもう一回のチャンスだけなんだって

君の心を取り戻してやろうと思ってるんだ

 

だからさ

なんでこうなってしまったんだろう。許してよ

こんなんじゃ生きていけやしないのに

僕には何も見えていなかったんだ。愛する君がどこかへ行ってしまうなんて

なのに今ははっきり見えるんだ、彼に抱かれている君がね。

 

ああ何を犠牲にしたってかまわないから

なくしたものを取り戻したいんだ

も一回チャンスを頂戴

君に愛してるって伝えたいんだよ

やり直そう?

 

 

 

以上

 

 

私にとっては、なおざりにしていた彼女がいつの間にか離れて行ってしまい、後悔している男の子が主人公です。

 

特に好きな表現は"one glace ~"と"to take a secondo look"の対比。

「誰かが一目ぼれして君を連れ去てしまって」からの「”二目”目の僕には遅すぎるね」ってがいいよね。一目惚れと二目っていう対比は考えてみりゃ普通なんだけどあんまりないよねっていう。まあそもそも付き合ってた僕が二目っていうのが等閑感を出してくれているし。

あとは、「何も見えてなかった」の後の「今は彼に抱かれる君がはっきり見える」ってのも良い対比。この抱かれるってのは「in hids arms」だから文字通り、彼の腕に抱かれるってこと。変な意味じゃないよ。

 

大体そんな感じかな。Michael Jackson は人並みに好きでたまに聞きますけれど、JACKSON5はあんまり知らないかも。といってもMJもそんな詳しいわけじゃないし、昔の洋楽としてそれなりに好きって感じかな。何かハマればまた和訳を上げるかもしれません。

 

 

カキツバタと小沢健二

小沢健二について、書くべきか迷っていた。

 

私にとって彼の私生活などどうでもよく、むしろ最近のPVやらなにやらに彼の子供ばかりが出てることが不思議なくらいだから。今回の週刊誌だってどうせ世間様が騒ぐだけだから。

重要なのは彼がまた失踪するかどうか。FLIPPERSの頃を考えたら別にこれぐらいどうってこと無いはずなんだけど。でもあの親バカさを世間に晒していた最近を思うといまいちわからない。まあPorinちゃんは清楚で売ってたわけでもないし、ダメージなさそうだからAwesomeは心配いらないかな。でも、これ以上メンバー減るなんて万が一でも言わないでくれよ。マツザカさんの時点で悲しかったのにユキエさんまでいなくなったのだから。

 

今回わざわざ筆を取ったのは、別に彼の不倫がどうこうではなく、むしろPorinちゃんの方。

6月の中頃にオザケンのチャンネルで上がった路上ライブ映像、「アルペジオ」と「カキツバタ」を披露していた。オザケンがカバーだなんて珍しいと思いながら聞いてもなんとなくオザケンらしい。彼は似合う曲をたまたま見つけ出したのかとも思っていたけど、Piiなんて聞いたこと無い。

んでもってPii。どっからどう聞いてもポリンちゃんだし、見た目だってそう。挙げ句に作詞作曲編曲は匿名のYamanashi Ayumi & Sera Masumi。なんとなくオザケンが入ってる気がするのだけど気の所為じゃないよね。

 

だから言いたいのはオザケンの「カキツバタ、カバー」なんてのはカバーじゃないんじゃないのって話。自分の関わった曲だから歌ったんでしょうって思ったから一応書いておこうってだけ。それだけ。

 

 

こんなの書くと、結局不倫が気に食わないんでしょとか言われそうだけど、別に本当にどうでもいい

私は太宰の残した

君たちは、キタナクテね。なにせ、まったくの無学なんだから、『文学』でない部分に於いてひとつ撃つ。例えば、剣道の試合のとき、撃つところは、お面、お胴、お小手、ときまっている筈なのに、おまえたちは、試合プレイも生活も一緒くたにして、道具はずれの二の腕や向うずねを、力一杯にひっぱたく。それで勝ったと思っているのだから、キタナクテね  -太宰治 『如是我聞』-

の言葉のとおりだと思っているから。いつまでもオザケンが好きだし、ZOCだってAwesomeだって絵音だっていい音楽を作ってくれれば何でもいい。太宰だって私生活終わってるけど好きだしね。

 

思いの外長くなってしまった。まあなんでもいいけど、オザケンが失踪しないこととカキツバタ、本当は彼の曲なんでしょ?ってとこで今回はおしまい。

 

 

 

will you still love me tomorrow / The Shirelles 和訳

今回はイチニを争う大好きな曲、Will you still love me tomorrow。

好きな曲を5つ挙げるのなら

・ローラースケートパーク 小沢健二

・Will you still love me tomorrow The Shirellis

・I't only a paper moon Harold Arlen

・The Chime Will Ring Flippers guitar 

・陽の当たる大通り PIZZICATO V

 

かなあ。カジヒデキとかハイスタ、エクストリーム、ストロベリースウィッチブレイドなんかも捨てがたいけれどとりあえずこんな感じ。

 

Will you still love me tomorrow は何がきっかけかも覚えていないけれど、ふと耳に入ったこの曲に一目ぼれして以来ずっと大好き。原曲の明るい雰囲気も好きなのだけれど松たか子がカバーしている音源も意外と好きです。

 

とはいうもののThe Shirelles のほかの曲は知りません。

それでは和訳です。

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

今夜、あなたのすべてが私のものだったわね

とっても甘く愛してくれて

その目の光は愛に輝いていたわ

明日も愛してくれるよね?

 

この愛は永遠の宝物なの?

それとも立った一瞬の喜び?

魔法みたいなその瞳を信じてもいいの?

明日も愛してくれる?

 

今夜、言葉なんていらなくて

私だけって態度をしていたでしょ?

けれど、私の心は壊れちゃわないかしら

この夜に朝日がさすその時に......

 

あなたの愛について知りたいの

信じていてもいいものなのかどうか

今すぐ教えてよ、そしたらもう二度と聞かないから

明日も愛してくれるの?

------------------------------------------------------------------------------------

 

なんか日本語で書くとやけにメンヘラチックに見えますが、原曲の明るい雰囲気でポップに歌い上げる様子を見ていただければわかっていただけると思います。

とにかく大好き。それに尽きます

以上

 

 

X線・γ線作業主任者試験の対策ブログについて

こんな話どうでもいいからさっさと放射線取扱主任者試験の概要書けばいいんですが、短くまとめた文章を書くには時間が足りないので、乱雑でも事足りる簡単な生地を書きたいと思います。

 

まず、労働安全衛生法の免許取得のための試験について。放射線関連のものはX線作業主任者とγ線作業主任者との2種類存在します。

この内X線の方は意外とメジャーでテキストや問題集存在しますが、ガンマ線のほうはなんだかいまいち。過去問をまとめているサイトも無いし4,000円払って過去問集とか買わなきゃいけないと。結構不便じゃないでしょうか。てか不便でした。

私は学生ですのでめちゃくちゃ金持ってるわけでもないので、趣味で取る資格なんぞにあんまりお金はかけたくなく、持ち前の知識と古い過去問ゲーで乗り切りましたがどうも初学者に優しくない。

そうだどうせなら、過去問.c○mみたいなサイトを立ち上げて仕舞ってガンマ線とエックス線との対策サイトを作ってしまえばいいのではないか。

本当はやらなきゃいけないこと(地層処分に関するウェブサイトへの寄稿)とかもありますが、今後は朝方の生活になる予定(希望的観測)なので朝の目覚まし代わりに文章を書き綴り、その後に過去問の解説を少しずつ作成していく。両方とも5年分くらいできたら公開を初めて徐々に問題数を増やしていく。

そんなこんなでやってきたいですね。まあガンマ線の過去問入手するために国会図書館でも行こうかと考えています。まずはエックス線。ガンマ線は次の試験が11月なので夏までに準備できたらいいかなあ。

 

余裕があれば放取も作りたいけど難易度が高すぎますんで勘弁。ひたすらに簡単な試験対策だけで許してほしいです。