ココボロだとか好きだとか

大学生による趣味の開拓と備忘録

購入品紹介-HILTONの鞄

f:id:taro0219:20201108174619p:plain

HILTONの鞄

購入品紹介です。

本来であれば月ごとにするつもりでしたが、本日届いた鞄に感動したので、我慢できず書き綴らせていただきます。

 

写真の通り真っ黒ワニ革のブリーフケースです。

もちろん中古の品ですが、なんと本革。金具も綺麗なままで感動。

HLTON EUROPEAN COLLECTION CUSTOM BUILTとありますので2008年に青山商事がブランドを取得する以前のものかと思います。

大ぶりではありませんが、通常サイズのブリーフケース。持ち手までのレザー部はすべてワニ革で、中は合皮かな。中だけは少しだけ経年劣化がありますが、ぜんぜん使える範囲。本当に感動的。

流石に高級メゾンのように左右対称なとり方などはされていないものの、左右に大型の竹斑、中央が丸斑となっており綺麗です。

綺麗以外の褒め言葉がありませんが、とにかく綺麗。そもそも全面ワニ革の鞄っていくらするのよって話。こちらは中古で5,500円。ありえん安かったのですが、まあこれがフリマアプリの掘り出し物って感じでしょうか。

 

 

今までワニ革なんて時計ベルトくらいしか持ってなかったので手入れもよくわかりません。とりあえずサフィールのレザーバームローションで汚れ落としとケアを終え、布とブラシで磨き、濡れ拭き、空拭きをしておきました。

革製品の水拭きは賛否の分かれるところですが、ビショビショにせず湿らせた布で表面を拭うくらいは必要な気がしますがどうでしょう。

 

まあとにかく光沢がすごく、立体感もあり、金具も綺麗なそんな鞄。

学生がこんな鞄もって町中を闊歩する機械なんてほとんどありませんが、まあ何か大切なときとかに使いますかね。とりあえずはずっと飾っておきますが。